映画スターも愛したカツサンドが味わえる喫茶店

喫茶店・カフェ編
スポンサーリンク

コーヒーショップ ヤマモト 下鴨店

9月29日はク・ニク(苦肉)の日ですので、管理人にとって苦痛な環境で肉を食べなければいけません。女子だらけのカフェや団体客だらけの中での一人焼肉などを考えていたのですが、当日は生憎の雨模様。しかも翌日9月30日は台風24号が近畿地方を直撃するということで、午前中に2日分の食料を調達しなければならず、帰宅したのは13時過ぎでした。

さて、お昼をどこで食べようか…と考え、徒歩で向かったのが「コーヒーショップ ヤマモト 下鴨店」。JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」や太秦(うずまさ)にある「東映京都撮影所」近くにある「コーヒーショップ ヤマモト」(以下、本店)の系列店です。本店を永年経営されているオーナーのご子息夫妻が下鴨店を切り盛りされています。本当は嵯峨嵐山の本店まで伺うべきなのですが、それでは全然苦痛な環境にならないので、今回は下鴨店を選びました。

下鴨店がなぜ管理人にとって苦痛な環境かと言うと、美男美女夫妻がしっかりと経営している喫茶店だから。もう見ているだけで妬ましい喫茶店 です。実は管理人の母が下鴨店の常連のようで、“本当に理想の夫婦よね〜”とか言っていて、とてもムカつきます。どうせ店内で “キミの接客時に見せる笑顔が最高にステキだよ”  “アナタのサイフォンを見つめながらコーヒーを淹れる表情が好きなの” とか夫婦で言い合っているに決まってます【妄想】。そんな店に行かなければならない管理人の苦痛をお察しください。では、イヤイヤながら入店しましょう。

さすがに雨のせいか、お客さんは1名のみ。コミュ障のようになるべく美男美女夫妻を見ないようにし、メニューをガン見します。提供されるコーヒーやフード類は基本的に本店と同じようで、名物の「和牛カツサンド」¥1,500と「特選ブレンドコーヒー」¥500をチョイス。もし本店よりも味が落ちるようなら、すぐ「食べログ」に☆1のレビューを書かなければいけません。しばらくして笑顔のステキな美人嫁が「和牛カツサンド」と「特選ブレンドコーヒー」を持ってきてくれました。

まずは「和牛カツサンド」から。

ドアップの写真もお楽しみください。

和牛の断面がすばらしいロゼカラーに揚げられています。美男旦那の腕、恐るべし。こちらのお店もA5ランクの和牛を使用されているそうで、高の和牛を最高の旦那が調理し、最高の嫁が提供するという、もう本当にいやらしいお店です。デミグラスソースは和牛の味を引き立たせる軽やかな味わい。濃厚なソースでは和牛の旨味を邪魔するからでしょうか、ボリュームの割りに意外とあっさりと食べられます。残念ながら本店に匹敵する味わいを、うっかり 楽しんでしまいました。付け合せのスライスオニオンとレタスで口の中がさっぱりできるのも高ポイントです。

そして「特選ブレンドコーヒー」。ここで何か欠点を見つけなければ。

自家焙煎のお店ということで、濃厚なブレンドコーヒーの味わいです。深みのある味わいながら、イヤなエグ味や雑味は感じられず、コーヒー好きも満足するクオリティーではないでしょうか。サイフォンで淹れたコーヒーの中でも重厚感のある味で、昭和の名喫茶店の域に達しており、本店にも匹敵する味だと思います。チッ。

東映京都撮影所に来ていた銀幕のスターたちも愛した本店の和牛カツサンドやブレンドコーヒーを、下鴨店でもいただくことができます。京都にはビーフカツサンドをスペシャリテとしているお店が多数存在しますが、コーヒーショップ ヤマモトも間違いなくその1店。しかも他店よりもリーズナブルな価格で、和牛カツサンドを食べられる 貴重なお店です。トンカツのカツサンドにはない和牛の旨味や柔らかさを存分に味わえるカツサンドですので、自分の境遇を不幸に思っていない方は、下鴨店まで足を運ばれてはいかがでしょうか。

[2018年9月29日訪問]

コーヒーショップ ヤマモト 下鴨店
●住所…京都市左京区下鴨高木町46-1
●TEL…075-721-4454
●定休日…水曜日
●備考…店内時間制禁煙(11:00〜15:00)
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「コーヒーショップ ヤマモト 下鴨店」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました