創業47年のピネライスが有名な洋食店

洋食編
スポンサーリンク

キッチン ゴン 西陣店

「前(さき)の大戦で…」と言われて、一般の方は「太平洋戦争」か「第二次世界大戦」を思い起こすでしょう。しかし京都の人は真っ先に「応仁の乱」を思い浮かべると、漫才のネタか何かで聞いたことがあります。さすがに「そんなヤツはおらんやろ〜」ですが、応仁の乱のあった室町時代の風習が、現在の京都に色濃く残っているものもあります。例えば、「ならび屋」や「そば処 出町 田舎亭」で少し触れた「鰻の寝床」。これは、銀閣寺(東山慈照寺)を造営したことでも知られる室町幕府8代将軍・足利義政の正室・日野富子が、町民から税金を絞り取るため“玄関の間口の広さ”に応じて税率を決めたことが由来です。京都の町民は税金をなるべく低く抑えられるよう、玄関の間口を狭くし、奥行きのある家造りを行いました。それが現在でも残り、京都の町家に「鰻の寝床」が多い理由となっています。

また、「西陣織」でお馴染みの「西陣」という地名。これは東軍と西軍に分かれて約11年間戦った「応仁の乱」で、西軍が陣を構えた場所に由来します。そして今回訪問するのは、西陣に本店を構える「キッチン ゴン 西陣店」です。創業47年の京都を代表する洋食店で、京都観光の雑誌などには必ずと言っていいほど紹介されています。管理人は河原町丸太町に支店があった頃は食べに行ってましたが、六角高倉に移転してからはすっかりご無沙汰。どうせなら、と言うことで初めて本店の西陣店へと向かいます。

ラストオーダーまでギリギリの21:15に到着し、早速入店。店内手前はカウンター席がずらりと並んでいます。今回もお一人様での訪問ですが、お客さんがほとんどいない閉店間際だったこともあり、奥のボックス席に通されました。

こちらの名物は「ピネライス」¥870です。チャーハンの上にカツを乗せ、その上にカレー(またはデミグラスソース)をかけた料理。“ピネ”とはフランス語のスラング(方言)で「薄いカツ」という意味なんだとか。さらに「ピネライスセット」というお得メニューがあり、「スモールピネライス」に「ビーフカツ80g」と「エビフライまたはコロッケ」が付いた「Bピネセット」¥1,680を注文してみました。

着席直後に水と一緒に小さなカップのコーンクリームスープがお通しのように運ばれます。

とにかくクリーミーなコーンポタージュです。生クリームと牛乳のなめらかさに、コーンとブイヨンの豊かな風味が口の中いっぱいに広がります。小さなカップですが十分満足できる一品。カップスープにも一手間加えた名店の実力が感じられます。古い洋食店ながら京都ではスタンダードなヨーロピアンスタイルの洋食店ではない、トリッキーな洋食店です。当時最先端だったアメリカ文化を体現した京都では珍しい洋食店ではないでしょうか。

いよいよ「Bピネセット」が到着しました。まずは名物の「スモールピネライス」です。

単品の「ピネライス」より少サイズながら、十分なボリューム。卵やハムで炒められたチャーハンにカツカレーが乗っています。カレーソースは心地いい辛さがクセになるマイルドな味わい。ライスがチャーハンになったことで、旨味がより複雑になり、重層的で立体的なおいしさを味わうことができます。薄めの塩コショウで炒められた、とてもあっさりとしたチャーハンなので、カツカレーとの相性もぴったりです。

そして「ビーフカツとエビフライ」のお皿へ向かいます。

予想以上の大きさのエビフライにロゼ色に揚げられたビーフカツ。写真では見えませんが、和風ドレッシングがかけられた生野菜もたっぷりで、おいしくいただけます。付け合せのミートソーススパゲティーとポテトサラダも、さすがは洋食店の本格的な味わい。ビーフカツはオーストラリア産の牛肉とは思えない柔らかさです。肉の旨味を引き立たせる軽めのデミグラスソースがポイントだと思います。そして自家製タルタルソースでいただく大エビフライは、もはや言うことのないレベル。これほど贅沢感あふれる料理の数々が¥1,680で食べられる、いかにリーズナブルかが実感できるおすすめのセットメニューだと断言できます。

京都の王道洋食ではないものの、間違いなく京都の洋食を代表する名店に数えられます。価格的にもほとんどのメニューが千円台で食べられ、お手軽にランチやディナーを堪能できるのではないでしょうか。世界遺産・二条城からも近い立地ですので、二条城観光の際には、ぜひピネライスと本格洋食を目当てに足をお運びください。

[2018年10月4日訪問]

キッチン ゴン 西陣店
●住所…京都市上京区浮田町613
●TEL…075-801-7563
●定休日…水曜日
●備考…店内喫煙可
●ホームページ…https://s.maho.jp/homepage/a1b79ci4e08ec7bf/9
※より詳しく知りたい方は食べログ「キッチン・ゴン 西陣店」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました