ポタージュのような蕎麦湯が絶品の蕎麦店

和食編

北之蔵 よしむら 北山楼

“お一人様でも行きやすい”と言うより、“お一人様こそ似合う”飲食店があります。管理人の個人的な見解ですが、蕎麦屋はお一人様が似合うお店です。もちろんカップルや家族連れも利用されるでしょうが、ふらっと一人で店に入り、さっと蕎麦を食べて出ていくスマートさが魅力ではないでしょうか。しかし逆に考えれば、グループでの会食やハレの日などの食事会には使いにくい面もあるような気がします。

実はお一人様でもグループでも利用しやすい蕎麦屋があるのをご存知でしょうか。京都の嵐山に本店がある「嵐山よしむら」です。料亭のような外観・内装のお店で、京都市内に系列店として烏丸五条にある「蕎麦工房 蕎麦の実 よしむら」、清水寺の近くにある「よしむら 清水庵」、そして北山に「北之蔵 よしむら 北山楼(きたのくら よしむら きたやまろう)」を展開しています。4店ともほぼ同じメニューをいただけますので、今回は自宅から近い「北之蔵 よしむら 北山楼」を訪問しました。

4店舗とも人気店でランチタイムともなれば待ち時間は当たり前です。できるだけ並びたくない管理人は自宅から近いという地の利を活かし、開店15分後に11:15に到着。店頭に掲出されているメニューを見てみましょう。

ランチのみのお得なセットメニューが豊富に用意されています。中には「昼の宴膳」¥2,963のように、ちょっとした会席料理のようなメニューもあり、少し形式張った食事会などにもよさそうです。では中へ入ってみましょう。

表のノレンをくぐるとさらに玄関がありました。これはお屋敷の造りですね。飲食店では料亭や一軒家レストランなどお高めのお店に多いように感じます。慣れないとお一人様の訪問は少し躊躇するかも知れませんが、店内はそこまで高級風ではないのでご安心ください。玄関から中へ入ると店員さんに案内されます。まだ開店後すぐだったものの、すでに3割程度のお客さんが着席されていました。

1階はテーブル席でこのような衝立があり、半個室状態となっていて落ち着きます。改めてメニューを眺めていると、続々とお客さんが入ってこられ人気店であることを実感しました。今回はセットメニューではなく、単品で「海老天そば(冷・温)」の冷¥1,204にプラスメニューの「ミニ丼」¥315をチョイス。ミニ丼は海老天丼・親子丼・とろろごはんから選べますので久しぶりに親子丼を食べてみようと注文しました。

思った以上に豪勢なセットのようになってしまいました。まずは冷たい「海老天そば」。ぶっかけスタイルですので蕎麦つゆを蕎麦にかけ回し、薬味の青ネギを好きなだけ乗せて混ぜてからいただきます。ちなみに注文時、蕎麦は細切り・中切り・太切りから選べ、今回は中切り。蕎麦は二八蕎麦で淡い蕎麦の風味が感じられます。かなりコシがあるため、冷たい蕎麦としていただくなら細切りがベストかも知れません。蕎麦つゆは関東風よりも薄味の関西風。大根おろし、カイワレ、青ネギと一緒に混ぜていただくと、野菜の滋味も感じられます。海老天は揚げたてで柔らかな衣が食べやすい、こちらも関西風の天ぷらです。

他人丼推進委員長(自称)としては久しぶりにいただく親子丼。やはり薄味のダシを玉子、鶏で味付けされた、京都の親子丼らしい一品です。京都は親子丼(というより鶏料理)の名店も多く、ふわふわの玉子とまろやかな鶏の味、アクセントの九条ネギが特徴。こちらの親子丼もかなりのレベルだと思いましたが、一つだけ不満があるとすれば卓上に一味唐辛子しか置かれていなかったことです。親子丼には一味や七味もいいですが粉山椒派もいますので、京都のお店なら置いていただきたいと思います。

「海老天そば」を食べ終わるタイミングで蕎麦湯が提供されます。

おチョコに蕎麦湯を注いで皆さん気づかれるのが、ポタージュのような濃厚な蕎麦湯であること。一般的に蕎麦湯とは蕎麦を茹でたときに出る湯ですから、普通はお湯に蕎麦粉の風味が少し感じられるぐらいのサラサラで繊細なもの。しかしこちらの蕎麦湯はドロドロで、明らかに蕎麦粉をたっぷりと足されています。賛否あるかとは思いますが、個人的には絶品だと感じました。蕎麦スープとでも言いたくなる濃厚な味わいは、蕎麦の風味がクッキリと感じられ、しかも体も温まります。冷たい蕎麦を食べた後だからこそ味わえる温かなおいしさを堪能できる蕎麦湯ではないでしょうか。

清潔感があり料亭のような造りのお店にもかかわらず、リーズナブルな価格で蕎麦を味わえる人気店です。手打ちで十割蕎麦も食べられる本格派でありながら、会席料理のような一品もいただけます。そして何より必食なのは濃厚な蕎麦湯。これがあるため、こちらでは温かい蕎麦を頼んだことがありません。蕎麦湯好きな方はもちろん、蕎麦湯のおいしさがイマイチわからない方にもおすすめですので、ぜひ「嵐山よしむら」各店で冷たい蕎麦を味わってみてください。

[2019年1月13日訪問]

北之蔵 よしむら 北山楼
●住所…京都市北区上賀茂岩ケ垣内町107
●TEL…075-707-7007
●定休日…年中無休
●備考…店内禁煙
●ホームページ…http://yoshimura-gr.com/kitayama/

コメント

タイトルとURLをコピーしました