京都カレーを代表する超人気カレー専門店

洋食編

カレー専門店 ビィヤント

本日1月29日は2019年最初の“29(ニク)に日”です。肉を食べねば!!!という使命感に萌え燃え、洋食店へ向かっていたのですが、ふと「カレー専門店 ビィヤント」の前を通ると営業中にもかかわらず混雑している様子はありません。

閉店間際とはいえ外で並んでいる様子をよく目にしていることもあり、ちょっと中を覗いてみるとお客さんは4名程度。席数8〜10席の半数程度が埋まっているだけですぐ入れそうだったため、急遽予定を変更して店内へ入ります。

カウンター席のみのお店です。歴史はかなり古く「ガラム・マサラ」とほぼ同時期の1975年開業。京都のカレー店では草分け的な1店で、超有名店でもあります。近くに京都大学医学部附属病院京都大学があり学生人気も高く、地元の方はもちろん、観光客や修学旅行生も頻繁に訪れているようです。京都のガイドブックでは常連のように掲載されていますし、ネットでも管理人より詳しい方々がブログやレビューをたくさん書かれています。正直、さんざんいろいろなメディアで詳しく紹介されていて、今さら当ブログでREPORTする意味ある?とは思ったものの、せっかくなのでREPORTしてみましょう。

まずはメニューから。写真を撮り忘れていましたので、下記にまとめました。

[カレー]¥720
下記の6種類よりお選びください。
●ビーフ・・・・・・・甘口/中辛/辛口
●チキン・・・・・・・甘口
●ベジタブル・・・甘口
●シーフード・・・・甘口
※甘口が通常の辛さとなります。

[カツカレー]¥980
下記の6種類よりお選びください。
●ビーフ・・・・・・・甘口/中辛/辛口
●チキン・・・・・・・甘口
●ベジタブル・・・甘口
●シーフード・・・・甘口

管理人は辛いのが得意ではありません。しかしこちらのカレーは辛さも重要なタイプのカレーですので、可能であれば中辛をオススメします。今回は“29(ニク)に日”ということもあり、「カツカレー ビーフ中辛」を注文してみました。

目にも鮮やかなターメリックライスに、欧風カレーとしては粘度薄めのカレーがかけられています。スパイスの香りが食欲をかき立てる一皿です。そして箸休めの漬物も充実しています。

左から「青しその実漬け」「紅生姜」「福神漬」。これら漬物があるのとないのとでは、カレーそのものの味わいも変わります。では早速カツカレーをいただきましょう。

全面にたっぷりと薄い豚ロースカツが乗っているのですが、カレーと同化して少しわかりにくいかも知れません。カツはサクサクに揚げられていて、そこへ見た目に反して濃厚な欧風カレーの味わいがよく合います。牛肉の旨味たっぷりのビーフカレーはさまざまなスパイスの香りでより深い味わいとなり、最後にパンチの効いた辛味が心地いいおいしさで、まさに京都を代表するカレーと言えるでしょう。ご馳走系のカレーではなく常習性のあるカレーで、一度ハマると何度でも食べたくなる絶品カレーです。

カレー好きな方なら、京都へ来られた際はぜひお試しいただきたいカレーです。「ガラム・マサラ」とはカレーの方向性は異なるものの、まぎれもなく欧風カレーの1つの完成形と呼べるのではないでしょうか。最近大阪で流行している複雑な味わいのカレーとは一線を画す、ど真ん中ストレートの剛速球のような脳にガツンとおいしさが伝わるカレーだと個人的には思います。京阪「神宮丸太町駅」から徒歩8分程度と比較的便利な場所にありますので、平安神宮京都 熊野神社などへの観光のついでにでも、ぜひお立ち寄りください。

[2019年1月29日訪問]

カレー専門店 ビィヤント
●住所…京都市左京区聖護院西町12
●TEL…075-751-7415
●定休日…土曜日
●備考…店内禁煙
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「ビィヤント」で検索してください。

コメント