絶対食べるべきスコーンがある京都らしい喫茶店

喫茶店・カフェ編

文化堂珈琲店

地下鉄「今出川駅」から徒歩すぐで同志社大学 今出川キャンパスからも近い烏丸通沿いに、ひときわレトロでスタイリッシュな外観の喫茶店「文化堂珈琲店(ぶんかどうこーひーてん)」があります。

昔からある喫茶店で、同志社の学生はもちろん、近隣の方々からも親しまれてきました。管理人にとっては数年ぶりの訪問です。喫茶店と言うよりはカフェーと表現したくなるオシャレなお店。時刻は14:30、軽めのランチをいただこうと店内に入ります。

ウッディな店内は清潔感があり、古びた感じは一切ありません。アンティークなブリキの「三菱鉛筆」の看板が時代を感じさせるのですが、こちらのお店はもともと「山脇文化堂」という文房具店で、その名残と言えるでしょう。同志社の学生が多いかな?と思ったのものの、伺った5月11日はほとんどが管理人より年上のアンティークなお客さんでした。早速メニューを確認してみましょう。

洋食風の軽食も充実していてランチとしても便利なお店です。もちろん珈琲店ですからコーヒーも本格派。さらにスイーツも豊富に用意されていて、女子学生からも人気を集めています。まずは「アイスコーヒー」¥650と「BLEサンド(ハーフサイズ)」¥400を注文してみました。なぜハーフサイズなのかと言うと、今回の目的は別にあるからです。

「アイスコーヒー」が到着。深煎りの豆を丁寧にドリップされた「アイスコーヒー」は、アイスなのに香りが豊か。一口飲むと深い苦味とコクといった本物のおいしさを味わうことができます。喉越し、後味もスッキリとした雑味のない「アイスコーヒー」で、備え付けのミルクとシロップで自分好みの味に調節するといいでしょう。個人的にはコーヒー好きならブラックで飲むことをオススメします。

次に「BLEサンド(ハーフサイズ)」が運ばれてきました。ハーフサイズでもこのボリューム感です。BLEとはベーコン・レタス・エッグ(玉子)のことで、京都風の厚焼き玉子のサンドウィッチなのが特徴。胚芽バンズの香りに食欲がかきたてられます。ベーコンの濃厚な旨味と厚焼き玉子のマイルドなコクをゆるめのマヨネーズソースがまとめあげ、フレッシュなレタスがアクセントとなり、胚芽バンズの味が合わさった絶妙なサンドウィッチです。京都のサンドウィッチの実力を知らしめる逸品ではないでしょうか。

いよいよ本日の目的である「オリジナルスコーン(2P)」¥500が到着しました。こちらに来たらとにかく「オリジナルスコーン」は食べるべき必食の一皿です。管理人は京都一のスコーンだと思っています。3種類のジャム(いちご・ブルーベリー・マーマレード)からお好きなものをお選びください。

外はサクサク・中はしっとりとした香ばしい小麦粉の風味が香るスコーンは、濃厚なバターやミルクの味わいがほどよく効いた絶品のおいしさ。生クリームもフレッシュでコクがあり、いちごジャムも甘みと酸味もスコーンによく合います。スイーツと呼ぶには食べごたえもあり、満足度もハンパありません。

かなり贅沢な昼下がりを堪能することができました。今回は「オリジナルスコーン」目当てでしたので食べていませんが、ランチメニューの軽食もおすすめ揃いです。お一人様でもカップルでもグループでも落ち着いた雰囲気で午後のひとときを楽しめるでしょう。烏丸今出川近辺まで来られた際には、ぜひ「文化堂珈琲店」まで足を伸ばして、京都らしいカフェーを満喫してください。

[2019年5月11日訪問]

文化堂珈琲店
●住所…京都市上京区御所八幡町115
●TEL…075-411-3070
●定休日…不定休
●備考…店内分煙(平日は店内喫煙可)
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「文化堂珈琲店」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました