超クリーミーでひんやり&あっさり味の担担麺専門店

2019冷やし中華

担担麺 胡 円町店

当ブログでも以前REPORTしたことがある「担担麺 胡(たんたんめん えびす)」。京都市山科区屈指の担担麺専門店として、地元の方や学生で常に賑わっている人気店です。そんな「担担麺 胡」の2号店が円町(西大路丸太町)にできたのは、今年2019年の2月でした。管理人も頻繁にお店の前を通るので知ってはいたのですが、入るタイミングを失って気づけば4ヵ月。ちょうど“冷し担担麺の季節”ということもあり、円町(西大路丸太町)エリアの“冷やし中華”第3弾として訪問してみました。

21:30に到着。23:30まで営業されていて、夜更けに担担麺が食べられる便利なお店です。管理人はあまり詳しくはないのですが、円町(西大路丸太町)エリアはラーメン激戦区なんだとか。確かに大通り沿いだけでもチラホラとラーメン店を見かけます。山科で天下を獲った実力店が円町でどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。そして立地的にも近い京都担担麺の雄「担担 四条本店」と比較される宿命を背負うことになるハズです。ともかく、店内へ入ってみましょう。

カウンター席と2名テーブル席が主体の店内で、お一人様からグループまで幅広い層で利用しやすい造りとなっています。清潔感がありカフェのような内装、スタッフのほとんどが若い女性と、女性客を意識しているのでしょう。訪問時も女性のお一人様や女性2名組のお客さんも数組いらっしゃって、ラーメン店にありがちな“男の戦場”のような殺伐とした雰囲気はありません。女性客に支持される飲食店はまず失敗しませんので、円町店もいずれ人気店となるのでしょう。ではメニューを確認してみます。

9月下旬までの夏季限定の冷たい麺は「冷やし担担麺」¥800(大:¥900)と「冷やしマーラー担担麺」¥850(大:¥950)の2種類。辛いのが苦手な方は「冷やし担担麺」を、辛いのがお好きな方は「冷やしマーラー担担麺」がオススメです。今回はノンアルコールビールと「冷やし担担麺」にプラス¥200の「唐揚げセット(唐揚げ3個)」を注文してみました。プラス¥250の「唐揚げ・ごはんセット」も魅力的ですが、永遠のダイエッターとして“ごはん”は危険なので。

「唐揚げ」が到着。下味がつけられた「ノーマル」、甘酸っぱい「香味ソース」、スイートチリの「チリソース」の3種類から選べます。すべてにおいてノーマルでありたいと願っている管理人は「ノーマル」をチョイス。秘伝のタレに一昼夜漬け込まれただけあって、濃厚な醤油ベースの下味がよく効いているおいしさです。ジューシーな鶏モモ肉の旨味が口の中に広がります。ビールのツマミにはもちろん、ごはんのオカズにもぴったりな一品。「唐揚げ・ごはんセット」にすればよかった…とむせび泣くほど後悔しました。

気を取り直して「冷やし担担麺」へ。スープの色を見る限り、以前食べた担担麺同様、超クリーミーな感じです。天盛りにされた白髪ネギとたっぷりの肉味噌が食欲をそそります。それでは食べてみましょう。

麺は平打ち麺でスープによくからみます。スープは超クリーミーなもののサッパリとしていて、かなり意外でした。ゴクゴクと飲み干せる味わいで、通常の担担麺にはない「冷やし担担麺」としての工夫が伺えます。「担担 四条本店」の「冷し担担麺」が甘酸っぱさで食べさせる一品なら、こちらの「冷やし担担麺」はあっさりといただけるタイプです。少し大人の味わい、と言ったところでしょうか。辛さ控えめでしつこさを感じさせない、暑い夏にピッタリな「冷やし担担麺」だと思いました。

円町(西大路丸太町)交差点の北東角にあり、山科の本店まではなかなか行けない方にとっても行きやすいお店です。女性のお一人様でもランチや仕事帰りなどにフラリと気軽に立ち寄れる雰囲気ではないでしょうか。さっぱり・あっさりとした「冷やし担担麺」で、蒸し暑い京都の夏を涼やかにお過ごしください。

[2019年6月26日訪問]

担担麺 胡 円町店
●住所…京都市中京区西ノ京円町24-3
●TEL…050-5597-1500
●定休日…火曜日
●備考①…「冷やし担担麺と「冷やしマーラー担担麺」は夏季限定(9月下旬まで)
●備考②…店内禁煙
●ホームページ…Instagram
※さらに詳細は食べログ「担担麺 胡 円町店」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました