京都随一の塩ラーメンを提供するラーメン店

2019冷やし中華
スポンサーリンク

麺や 向日葵

哲学の道京都大学なども近い白川今出川の交差点を西へ200mほど行ったところにある「麺や 向日葵(めんや ひまわり)」。2006年の開業以来、京都のラーメン店の中でも異彩を放つ1店です。こちらの名物は“塩ラーメン”。京都三大塩ラーメン店の1つにも数えられているそうですが、残りの2店はどこなのでしょうか?ともかく、京都ではありそうであまりない塩ラーメンを目当てに、連日多くのお客さんが訪れている名店です。

22:30営業終了のお店で22時に到着。塩ラーメンは誤魔化しがきかないラーメンとしても知られ、すっきり・あっさりとした滋味深い味わいは他のラーメンにはないクリアさが特徴で、スープと塩ダレでほぼすべてが決まるストイックさも魅力です。バターをひとかけら落とせばバターラーメンに、缶詰のコーンを乗せればコーンラーメンになるなど、意外にバリエーションも豊富。それでは店内へ入ってみましょう。

営業終了間際だけあってお客さんは少なめ。ただ、麺やスープなどの材料がなくなれば閉店されますので、営業終了時刻ギリギリよりは余裕をもって訪問されることをオススメします。早速メニューを確認してみましょう。

やはり「塩らーめん」¥700が一押しのようですね。スープは鶏ガラ、豚骨、魚介のトリプルスープ。複数の旨味を掛け合わせた極上の逸品です。ただ…メニューに冷たい麺がありません。確か以前はあったハズ…と店内をキョロキョロしているとカウンター席の目の前にありました。

塩ちゃうやん!!

「冷やし辛味噌」¥850。さんざん塩、塩とあおって申し訳ございません。実はこちらの冷たい麺が「冷やし辛味噌」だというのは、以前食べたことがあるので知っていました。個人的にはぜひ冷やし塩ラーメンを提供していただきたい、と思っているのですが、“塩は熱くないとダメだ”という信念がお有りなのかも知れません。そして気になったのが屈指のブランド米としても有名な「山形産 つや姫」のポスターです。こちらのご飯物はすべて「山形産 つや姫」を使われているとのことですので、今回は「冷やし辛味噌」と「チャーシュー丼(小)」¥280を注文してみました。

まず「チャーシュー丼(小)」が到着。豚バラ肉のチャーシューで醤油味が脂の甘みとよく合う、ビールのツマミにもぴったりな一品。「おつまみチャーシュー」¥550もありますので、飲む人はこちらをご注文ください。そしてご飯です。お米の旨味と甘さが際立つ、ブランド米「山形産 つや姫」のおいしさを十分に堪能できるのではないでしょうか。一般的に和食店を除くリーズナブルな飲食店でブランド米を使用されることはほとんどありませんので、“ご飯のおいしさ”を味わえる貴重なラーメン店だと思います。

いよいよ「冷やし辛味噌」が到着しました。見た目は道産子熱愛の味噌ラーメンそのもの。白髪ネギと水菜に爽やかさを感じます。なぜ“冷やしラーメンが味噌”なのか。とにかく食べてみましょう。

スープは…冷やし担々麺のような味わいです。ナルホド、辛味噌とは豆板醤(中国四川省の辛味噌)のことなんですね。旨味のあるダシに豆板醤などの辛味噌のピリ辛と甘み、そしてほんのり感じる酸味が冷やされたスープは、暑い夏に最適。麺は中細の全粒粉麺でしょうか、小麦のおいしさもわかります。具のチャーシューは「チャーシュー丼」と同じで文句のないおいしさで、ピリ辛のスープともベストマッチ。味噌という強烈な旨味が冷たさとピリ辛を両立させているように感じ、“冷やしラーメンが味噌”である理由もわかるような気がしました。

人気の「塩らーめん」は寒くなってからREPORTすることにして、汗ばむ季節なら「冷やし辛味噌」もおすすめです。カウンター席だけのお店で若者やミドルのお一人様も多く、女性でも一人で無理なく伺えます。以前REPORTした「京都爽庵カフェ」の近くでもあり、白川今出川近辺に来られた際は、ぜひ「冷やし辛味噌」や「塩らーめん」を試してみられてはいかがでしょうか。

[2019年7月2日]

麺や 向日葵
●住所…京都市左京区浄土寺西田町100-28
●TEL…075-752-3060
●定休日…水曜日
●備考①…「冷やし辛味噌」は夏季限定
●備考②…店内禁煙
●ホームページ…facebook
※さらに詳細は食べログ「麺や 向日葵」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました