あっさりコクウマな冷やし中華がおいしい穴場ラーメン店

2019冷やし中華
スポンサーリンク

四川辣麺 大

“もう京料理=ラーメンでは?”と錯覚してしまうほど人口に比べてラーメン店が多い京都市内。どこをウロウロしていても必ずラーメン店を見つけることができます。チェーン店が多いものの個人店も多く、テレビや情報誌などのメディアに絶えず登場している有名店もあり、京都人は近くにラーメン店ができると必ず行ってチェックするそうです。一方、実力店ながら立地の関係など何かしらの理由であまり有名になっていないお店もかなりあり、個人的にはラーメン店に限らずそういう穴場店を見つけたときはテンションが上がります。そこで今回はそんな穴場店の一軒、千本今出川の交差点を北へ600mほど行ったところにある「四川辣麺 大(しせんらーめん だい)」へ伺いました。

“四川辣麺”と呼ばれるだけあって四川風のピリ辛ラーメンが名物ですが、あまり辛くはありません。辛いのが好きな方は注文時に“悶絶するほど辛くしてください”とお願いしてみましょう。また、ラーメン以外の一品料理や定食メニューも充実していて、大衆中華店として利用することもできる便利なお店です。しかもどのラーメンや一品料理を食べても水準以上の味わいで、常にお客さんで賑わっています。立地的には千本北大路千本今出川の中間地点ぐらいで電車だと少し不便かも知れません。市バスなら「乾隆校前」バス停から徒歩1分ですので、公共交通機関なら市バスの利用がおすすめです。22:30営業終了で時刻は21:30。早速店内へ入ってみましょう。

カウンター席とテーブル席があり、外観からは想像できない広々とした店内。平日(火曜日)の夜にも関わらず、お客さんで8割方埋まっていました。カウンター席の手前は若い女性のお一人様とカップル1組がいらっしゃいましたので、カウンター席の奥に陣取ります。テーブル席はグループで利用されているお客さんは宴の様相。と思っていたら退店されましたので撮影できました。ではメニューを確認してみましょう。

「冷めん」¥700は当然注文するのですが、やはり何か一品料理も食べたい。おそらく四川料理を習得されているハズですので「マーボー豆腐」¥600にしようかな…でも辛くてライスが欲しくなったら食べ過ぎだよな…と悩んでいると好きな麺類と組み合わせられる「お得なセットMenu」を発見!お好きな麺類+からあげ2コ+ライス(小)が付く「からあげセット」¥200に決め、「冷めん」と「からあげセット」の合計¥900を注文しました。

ライスもからあげも麺類のセットならちょうどいいボリューム感です。まずはからあげをパクリ。薄味でやさしい下味がつけられた鶏モモ肉の旨味がダイレクトに感じられるからあげです。皿に添えられているカレー塩をつけていただくと、口の中でカレーの風味が広がり刺激的なおいしさを味わえます。からあげに塩コショウ(マジックソルト)はよく添えられていますが、カレー塩はよく考えれば斬新。ご飯のオカズにもビールにもぴったりで、ちょっとした発見に思えました。いよいよ「冷めん」をいただきます。

具は白髪ネギとキュウリ、錦糸玉子、チャーシューでたっぷりのノリがいい香り。さっくりと混ぜていただくと、麺は中細の中華麺でスープはまろやか〜なごまダレ?たまごダレ?風味となっています。おだやかな甘みと酸味ながらコクはあり、後味はさっぱりとしているかなりレベルの高い冷やし中華。何も考えずにズルズル食べているとつい見過ごしてしまう、普通っぽいけどよく考えればおいしい料理は、毎日食べても飽きない魅力があります。連日、さまざまな冷やし中華を食べていると正直飽きを感じるときもあるのですが、こちらの「冷めん」は飽きませんでした。しかもテーブルにはカラシとラー油の小袋が備えられていて、特にラー油と「冷めん」の相性が抜群!ピリ辛で濃厚さがプラスされ、味変で食欲がさらに増す逸品と言えるでしょう。

メディアにもあまり登場されていないお店ですが、常に繁盛している穴場な名店です。嵐電「北野白梅町駅」からなら徒歩15分程度で、手軽にラーメン各種や中華の一品料理を食べることができます。京都のよりディープなラーメンカルチャーを体験してみたい方にもオススメですので、ぜひ訪問してみてください。

[2019年7月16日]

四川辣麺 大
●住所…京都市上京区西五辻北町434
●TEL…075-451-5366
●定休日…水曜日
●備考①…「冷めん」は夏季限定(10月上旬まで提供予定
●備考②…店内喫煙可
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「四川ラーメン 大」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました