手頃な価格で贅沢気分を味わえる洋食店

洋食編
スポンサーリンク

SAKURA KITCHEN

つい1〜2週間ほど前、「食べログ」の点数操作についてネット上が賑わっていました。点数の不正操作はかなり根深い問題ですので、いずれ機会があれば改めて言及するとして、管理人にとって「食べログ」は、とても重宝する飲食店情報サイトなのは間違いありません。当ブログでREPORTしている飲食店についても、ホームページなどがない場合はほとんどが「食べログ」のリンクを貼っています。一方、比較的新しいお店やひっそりと営業されているお店はレビュアーの数が少なく、どうしても低い点数になりがち。根拠なき理由で下位にランキングされ、正当な評価とは言い難い面もあるように感じています。そこで今回は、「食べログ」の点数は低い(現時点でレビュアーが1名)ものの、ぜひ皆さんにお試しいただきたい1軒「SAKURA KITCHEN(さくら きっちん)」へ伺いました。

堀川通北大路通の交差点(堀川北大路)の南東角にある洋食店です。2017年(平成29年)4月に開業されて以来、地元の方や近隣の大谷大学佛教大学の学生などに人気となっています。ラストオーダーは21:30と夜遅くの夕食にも便利で、もちろん居酒屋的な利用もOK。特に21時を超えて洋食をいただけることもあり、京都では貴重なお店ではないでしょうか。時刻はラストオーダーギリギリの21:10、早速店内へ入ってみましょう。

さすがにオープン3年目とまだ新しいお店らしい、明るく清潔感のある店内です。カウンター席には地元のミドル男性2名組がビール片手に楽しまれていました。接客を担当されている女性は奥様でしょうか、とても愛想がよく、お一人様でも入りやすいと思います。テーブル席は2名テーブル席がほとんどなこともあり、少人数の利用にも気兼ねせず食事できそうです。ではメニューを確認してみましょう。

洋食店でありながら和のテイストも取り入れられているのが特徴です。そしてやはり学生が多いからでしょうか、価格はとてもリーズナブル。例えば管理人がよく注文しているノンアルコールビールは¥290と最安値クラスです。料理はセットメニューでも¥1,000前後で、普段使いでも利用しやすい良心的な価格設定となっています。今回はノンアルコールビールとおすすめメニューの中から「国産Wロースト重」¥1,000を注文してみました。

価格的に上品な量かと思いきや、しっかりとしたボリュームです。そして料理の一品一品を丁寧に作られているのが、見た目からでもわかります。まずコーンスープからいただくと、手作り感のあるやさしい味わい。寒くなるこれからの季節には特にありがたいホッとするおいしさです。そして小鉢のレンコンのキンピラも適度な甘じょっぱさが家庭的でご飯が進みます。馴染みの定食店に来たような温かさが感じられました。では、ローストポーク丼をいただいてみましょう。

しっとりとしたチャーシューのような食感で国産豚の旨味をしみじみと味わえるローストポーク丼です。少し甘めのタレとのバランスも絶妙で、(ノンアルコール)ビールやご飯にもよく合います。濃い味付けではないため食べ進めても味に飽きがこず、ミドル世代以上でもさっぱりと食べられるでしょう。豚の新たな味を知ることができたように感じました。

ローストビーフ丼はローストビーフの焼き加減・柔らかさともに文句ナシ。中心部は赤みが強く見えますがレアではなく、中までしっかりと火がとおっていて牛肉の旨味を存分に味わえます。おそらく牛肉のタタキに近い作り方をされていて、日本人にとっては親しみやすい味と言えそうです。フライドガーリックやスライスオニオンも効いていて、タレもしつこくないため、国産牛をダイレクトに楽しむことができる逸品。ツマミにもオカズにもなる贅沢なおいしさを堪能することができました。

¥1,000とは思えないクオリティ、しかも2種類のロースト肉を同時に味わえる絶品の「国産Wロースト重」です。老若男女を問わず満足できるおいしさではないでしょうか。地下鉄「北大路駅」から徒歩10分程度、市バスなら「北大路堀川」バス停からすぐのところにあります。大徳寺建勲神社船岡山公園などの観光スポットも徒歩圏内にありますので、観光ついでにでも一度立ち寄ってみてください。

[2019年10月15日訪問]

SAKURA KITCHEN
●住所…京都市北区紫野西御所田町65
●TEL…075-441-7394
●定休日…日曜日および月曜日
●備考…禁煙
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「サクラ キッチン」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました