昔ながらの味がおいしい昭和の大衆中華店

中華編
スポンサーリンク

中華料理 むろまち

いつから営業しているのか誰に聞いてもよくわからないお店があります。超有名店という訳でもなく、行列ができるほどの繁盛店と言う訳でもないのですが、いつもそこそこ賑わっている息の長いお店にまずハズレはありません。特にオフィス街にはそんなお店が多いように感じます。客層も近くのビジネスパーソンが中心で、老若男女の区別なく利用されている印象です。今回はオフィス街にある息の長いお店として、「中華料理 むろまち」を訪問してみました。

時刻は21時。こちらはラストオーダー21:30のお店で、テイクアウトでも頻繁に利用されています。烏丸通二条通の交差点(烏丸二条)を西へ100mほど行ったところにある、派手な黄色の看板が目印です。この辺りは京都有数のオフィス街であり、多くの飲食店も営業されています。管理人がウロウロしていた30年ぐらい前にはすでに営業されていたように記憶しているのですが、ちょっと自信はありません。かなり久しぶりの訪問で、前回伺ったのがいつだったかサッパリ思い出せないほど。とりあえず店内へ入ってみましょう。

京都の昭和中華の代表のような店内です。昔の大衆中華料理店はだいたいこんな感じでした。今では多くの店が閉業されてしまいましたが、こちらはまだまだ頑張っておられます。高齢の大将おひとりで切り盛りされていて、少し足をひきずっておられ心配になりましたが、調理はしっかり現役。鍋を振るう動作も激しく、中華料理の職人魂を感じることができます。ラストオーダー間際だったこともあり、お客さんは年配の男性1名とテイクアウトに来られた女性1名だけでした。早速メニューを拝見してみましょう。

夜のメニューは定食・セットでも最高額で¥1,000とリーズナブル。しかも大衆中華らしくボリュームも満点で、ランチタイムはビジネスパーソンで混雑します。ちなみのランチメニューはこちらをどうぞ。

ただ、ラストオーダー間際に入店すると売り切れているメニューが結構ありますのでご注意ください。管理人は当初「ジンギスカン定食」¥900を注文したものの売り切れ。別のお客さんは生ビールを注文されて売り切れていました。そこで今回は「ぎょうざ」¥300と「中華風焼肉定食」¥900を注文することに。ノンアルコールビールなんて新しい(?)ものはもちろんありません。

まず「ぎょうざ」が到着。そうそう、この薄皮で餡少なめなオヤツ代わりに食べられる餃子が、昭和の大衆中華のスタンダードな餃子です。最近の中華店や餃子専門店のように餡がたっぷり入っている餃子とは真逆。もちろん餡たっぷり餃子の方がおいしいに決まっているものの、この昔なつかしい餃子ならではのノスタルジックな味わいも個人的には捨てがたいと思っています。ニンニクがしっかり効いていて、餃子だかワンタンだかよくわからない軽めの餃子は、ツマミにもご飯のオカズにもピッタリ。餃子はあくまでも副菜で、ちょっと餃子でもつまもうかな?という場合には、これぐらい軽めの餃子もなかなかおいしいと思うのですがいかがでしょうか。

そして「中華風焼肉定食」です。タマネギたっぷりの豚焼肉で、お店によってはシャオローという名前で販売されています。小鉢の煮豆、オムレツ、刻みキャベツとポテトサラダ、スープ、ご飯がついて¥900。今年2019年10月の増税前から¥900でお支払い時も¥900という、もう消費税なんか関係ないスタンスのリーズナブルさです。おそらく市販品のラーメンスープを飲みながら煮豆をつまみつつポテサラ、刻みキャベツ、オムレツを食べ、昭和の味を満喫します。そしていよいよ中華風焼肉へ。

タマネギの甘みと豚肉のコク、濃厚な焼肉ダレが日常的に食べたいおいしさです。自宅でも簡単に作れそうな料理ながら、実は強い火力で炒められた味わいは、自宅では再現するのが難しい一品。長年の技術による炒めワザによって生まれる味に、ご飯もいっそう進みます。シンプルな料理だけに技量が大きく反映されますので、大将にはこれからも末永く現役で頑張っていただきたいと感じました。

ミドル世代以上にとっては昔なつかしい大衆中華の味、若い方にとってはイマドキの中華にはない新鮮に感じられる味ではないでしょうか。地下鉄「丸太町駅」または「烏丸御池駅」から徒歩5分程度の場所にありますので、商用で近くまで来られた際にはぜひ昭和の大衆中華の味を堪能してみてください。近隣には二条城京都御苑京都国際マンガミュージアムなどもあり、観光ついで立ち寄られてみてもいいでしょう。

[2019年10月16日訪問]

中華料理 むろまち
●住所…京都市中京区東玉屋町483
●TEL…075-256-0141
●定休日…不定休
●備考…喫煙可
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「中華料理 むろまち」で検索してくだい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました