一汁三菜が健康的な烏丸三条のカフェ

喫茶店・カフェ編
スポンサーリンク

ごはんとカフェとお酒 日常茶飯+

管理人は仕事柄、年に数回は日帰りでは面倒な遠方への出張があります。出張現場ではだいたい朝から仕事になるため、前の日の夜に現場近くのビジネスホテルに泊まるのですが、到着するのは早くても21時ぐらい。出張先へ向かっている電車などの中では食べログなどを眺めながら“出張先でしか食べられないお店で夕食を…うふふ…”と企んでいるものの、いざ現場の最寄駅に着く頃にはすっかり疲れ果て、荷物を置きに宿の部屋へ入った段階で“もう何でもいい”となります。例えば東京出張であれば「日高屋」など、京都や大阪にはないチェーン店ならまだいい方で、宿に併設されているファミレスやコンビニで済ませることも。現場周辺に詳しければ目当てのお店にも行けるのでしょうが、土地勘がないとネットで調べてもよくわからず人生同様に投げやりとなり、せっかくの非日常であってもしょーもない夕食となって、後でものすごく後悔してしまいます。そんな悔しい思いを、他の都道府県から京都へ出張などで来られた方も持たれているのではないでしょうか。特に京都は京料理などの有名グルメが多いものの、「ぼったくられそう」「ひとりで入りにくそう」「店の人が冷たそう」「京都人が感じ悪そう」ととんでもなくハードルが高そう。そこで今回は、京都に商用などで夜に来られた方、翌朝京都でイヤイヤ仕事しないといけない方にもピッタリの夜ごはんをREPORTします。

烏丸通三条通の交差点(烏丸三条)を東へ200mほど行ったところにある三条高倉白鳥ビルの3階のカフェ「ごはんとカフェとお酒 日常茶飯+(にちじょうさはんぷらす)」。この辺りはオフィス街でもあり繁華街でもある地域で、ビジネスホテルなどの宿泊施設も多めです。先日REPORTした「Cafe Jinta」や「カマル」も近くにあるなど、京都を代表するグルメエリアでもあります。ビルの3階となかなか攻めた立地にあるため、隠れ家的な雰囲気のある人気店です。時刻は21時、早速階段で3階へ向かいます。

営業されていてよかった。こちらは22時まで営業されていて、過去2回ほど22時前に伺ったことがあるのですがどちらの日も玄関の灯りが消えており、3階までムダに階段をのぼった苦い記憶がありました。定休日である水曜日以外なら21:30ぐらいまでの入店が確実でしょう。では店内へ入ってみます。

アンティークな調度品などが並ぶ京都の古民家カフェ風の内装です。京都らしいでしょ?そしてご想像どおり女子多め。訪問した日も男性はカップルの1名のみで、後は女性グループと女性のお一人様がゆったりとくつろがれていました。そう、こちらは女性にも人気の隠れ家カフェなんですよ。と言っても男性が入りにくい訳ではなく、中性的な雰囲気。そしてもう1つ、女性人気も納得なのが夜のメニューです。

ドリンク類やスイーツ類などのメニューもあるものの、夜にこちらへ来られる方のお目当てはだいたいこの「本日の一汁三菜」¥900。その名のとおり、ご飯に汁物、オカズ3種類の日替わり定食メニューです。訪問した11月26日は「鶏むね肉の甘酢炒め」をメインディッシュとした3種類のお総菜。どれも野菜たっぷりで、総カロリー710kcalとカロリー表示も見逃せません。管理人などは“710kcal”と知ると“よし、帰りにコンビニでアイスを買って食べても大丈夫(何が?)だな”悪用してしまいます。こんな細かな気配りも女性客に人気の秘訣ではないでしょうか。それでは「本日の一汁三菜(鶏むね肉の甘酢炒め・玉ねぎのサラダ・蓮根といんげんのごまあえ)」を注文してみましょう。

理想的な一汁三菜(漬物を含めれば四菜)の夕食(710kcal)です。こういうのって、外食で食べるのは意外と難しくないでしょうか。食欲があり余っている男性諸氏には少し物足りなく見えるかも知れませんが、アラフィフになるとわかります。たまに、どころか毎日でもこういう定食を食べたくなるハズ。「玉ねぎのサラダ」の酸味とさらしタマネギの爽やかな甘さが心地いい。そして「蓮根といんげんのごまあえ」も滋味深い味わいで心がおだやかになります。ご飯は玄米。身も心も洗われるような健康的な食事を堪能できます。

メインの「鶏むね肉の甘酢炒め」も根菜類やモヤシなどの野菜がたっぷり。甘さ控えめな甘酢と野菜の旨味、鶏むね肉のさっぱりとした味わいが秀逸です。こちらはBarとしても利用できますので、日本酒など各種アルコール類とともに楽しむ方も多いと思います。想像以上に食べごたえもある一品で、ヘルシーにダイエットをされている管理人のような方にもオススメだと感じました。

食後には「カフェラテ(Hot)」¥450?(正確ではありません)をいただきながら、ゆったりとした時間を過ごします。出張前夜にこんな心身にやさしい食事をいただけたら、翌日の仕事もきっとはかどるでしょう。JR「京都駅」近辺で宿泊される方でも地下鉄を使えば10分程度で到着する便利な立地にあります。ビジネスで京都に来られた方や観光でも気ままに日常の京都を楽しみたい方は、ぜひこちらで健康的なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

[2019年11月26日訪問]

ごはんとカフェとお酒 日常茶飯+
●住所…京都市中京区枡屋町55 三条高倉白鳥ビル3階(Google マップ
●TEL…075-213-3655
●定休日…水曜日
●備考…禁煙(?)
●ホームページ…facebook
※さらに詳しくは食べログ「日常茶飯」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました