夜遅くでも気軽にお一人様で利用できる定食店

和食編
スポンサーリンク

食堂マルマサ

2019年度(令和元年度)も残すところ約1ヵ月となりました。年度末ということでお勤めの会社や業種などによっては、忙しくされている方も多いように存じます。働き方改革や新型コロナウイルスの影響で残業自体は減少傾向にあるものの、帰宅がつい遅くなってしまうこの時期。開いているお店が少ないからと、コンビニやラーメン店で夜遅くにコッテリめな夕食を取りがちではないでしょうか。えぇ、管理人のことですとも。22時を過ぎてからの夕食、本当はアッサリとしたものが食べたい。翌朝、胃もたれなどしない和食が食べたい。とは言え、毎回うどんや蕎麦では飽きてしまいます。そこで今回は、和定食も豊富な夜遅くまで営業されている定食店をめざし、葛野大路御池までやってきました。

葛野大路通御池通の交差点(葛野大路御池)を南へ250mほど行ったところにある「食堂マルマサ(しょくどう まるまさ)」。昼は定食店、夜は定食店&居酒屋として営業されているお店で、オープンされて7〜8年ぐらいにはなると記憶しています。夜は24時まで営業されていて、夜遅くの食事にも便利。飲む人はもちろん、管理人のように飲まない人お一人様でも定食店として利用できるありがたいお店です。時刻は22時、まずは店頭のメニューをご覧ください。

定食の種類が豊富で、しかもリーズナブル!自宅の近所にあれば、毎日でも通いたい定食店です。場所柄、京都先端科学大学(旧:京都学園大学)京都太秦キャンパスが近くにあるため、昼間は学生も多く利用しているのではないでしょうか。繁華街ではないこともあり、平日の夜は団体客が来店しない限り、ゆったりと飲食を楽しむことができます。早速、店内へ入ってみましょう。

昭和の歌謡曲やニューミュージックが流れる、ミドル世代にとっては落ち着く店内です。落ち着き過ぎて自宅と勘違いしそうになるほどリラックスできます。カウンター席の他、4名テーブル席や2名テーブル席、小上がりの座敷まであり、お一人様からグループでの利用まで幅広く対応可能。伺った日は抜群の接客スキルをお持ちの大将お一人で切り盛りされていました。では改めてメニューを確認してみましょう。

定食店ですので定食メニューが豊富なのも特徴です。もちろん一品料理も充実していて、居酒屋としても文句のないツマミの数々が用意されています。「からあげ定食」は¥670というリーズナブルさ!定食で¥1,000を超えるものはなく、しかも魚系の和定食が4種類もあり、日々健康のことを考えているミドルやシニアには重宝するのではないでしょうか。京都の庶民にとって魚と言えば塩サバ、そして今が旬のブリ。そこで今回は定食の「焼サバ」¥770と単品メニューから「ぶりカマ塩焼き」¥670を注文してみました。夜遅くに手頃な価格で焼魚をいただこうという魂胆です。

定食の「焼サバ」が到着しました。焼サバ半身と味噌汁、ご飯、冷奴、白菜の煮浸し、漬物という完璧な焼魚定食です。こういう純和風の定食を夜遅くにいただけるのは、かなり貴重と言えるでしょう。しかも京都の庶民が永年食べ続きてきた塩サバの焼サバです。もし知り合いの京都人がよく食べる魚としてハモやグジ(アマダイ)、ノドグロなどと言い出したら、とんでもない大金持ちか大嘘つきですので、どちらにしてもあまり深く付き合わない方がいいと思います。では、焼サバをいただきましょう。

サバ独特の風味と塩っぱ過ぎないちょうどいい塩加減がおいしい。何気なく添えられた大根おろしも高ポイントです。焼き立てでふっくらとした塩サバの身が、じんわりと口の中に広がります。取り立てて特別なご馳走ではありませんが、京都で普段から食べ続けられてきた庶民の味は、どこか郷愁を誘う深い味わいがあるように感じました。そしてご飯が本当によく進みます。“ささやかな幸せ”を実感できる「焼サバ」定食ではないでしょうか。

続いて「ぶりカマ塩焼き」が運ばれてきました。管理人は魚の“カマ”とか“アラ”に目がありません。食べにくさを差し引いても脂がたっぷりと乗っていて、しかもお安いのでお得感があります。ただ、スーパーの鮮魚コーナーなどで特売されている“カマ”や“アラ”はちょっと注意が必要。自宅に持ち帰った後、しっかりと掃除をして汚れを取らないと、煮ても焼いても臭みが残ってしまいます。丁寧に掃除をして熱湯で洗えば極上の煮魚や焼魚となりますので、自炊派の方はぜひチャレンジしてください。

これはもうご馳走でしょう。旬の寒ブリのカマは最高です。しかも塩焼きは魚の旨味や風味が1番感じられます。もちろん臭みなどは一切ありません。薄塩仕立てなのもうれしい。大根おろしにちょっぴり醤油をかけ、大根おろしとブリのカマを一緒にいただくと堪えられません。お酒を飲まれる方なら熱燗か焼酎のお湯割りあたりによく合うのではないでしょうか。サッパリとしながら濃い旨味ですので、あえて冷たいビールでもいいでしょう。管理人は飲まないので、ご飯のお供としてしっかりと堪能させていただきました。

夜遅くにヘルシーな焼魚をいただき、翌朝の胃もたれ対策も万全です。さらに大根おろしには消化を助ける作用もありますので、胃弱な方にもオススメ。肉系のガッツリメニューも豊富ですので、その日の気分や体調に合わせて定食を選ぶことができるお店です。遅めの食事に悩まれた方は、もし葛野大路御池近辺まで行ける手段がお有りなら、ぜひこちらで定食や一品料理でくつろげる夜をご満喫ください。

[2020年2月19日訪問]

食堂マルマサ
●住所…京都市右京区山ノ内西八反田町8-6(Google マップ
●TEL…075-802-4730
●定休日…火曜日
●備考…喫煙可
●ホームページ…なし
※詳しくは食べログ「食堂マルマサ」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました