Leafがプロデュースする錦市場近くの大衆食堂

和食編
スポンサーリンク

酒とめし 錦食堂

“京の台所”として地元の方はもちろん、プロの料理人も食材などの仕入れに足を運ぶのが「錦市場商店街」です。

さまざまな食品を販売する店が軒を連ね、京都市内で最も有名かつ利用者が多い商店街と言えるでしょう。近年、外国人観光客の増加により、「錦市場商店街」も様変わりしています。加工された食品をそのまま店頭で食べられるお店も増えるなど、食べ歩きをしながら商店街めぐりをされている観光客も少なくありません。あまりの観光客の多さに、これまで普通に利用されていたお客さんの中には、足が遠のいている方もいらっしゃるそうです。管理人も人の多さにビビってしまい、もう数年はご無沙汰をしていました。しかし、緊急事態宣言中の様子を知りたかったこともあり、久しぶりに訪問。店舗の半数以上は閉店されていて人通りもまばらだったのですが、子どもの頃のようにじっくりと歩くことができました。

そんな「錦市場商店街」の近くに、普段使いしやすいお店があるため立ち寄ってみました。大衆食堂・酒場の「酒とめし 錦食堂(さけとめし にしきしょくどう)」。四条通河原町通の交差点(四条河原町)を西へ350mほど行き、富小路通を北へ100mほど行ったところにあります。こちらは京都の情報誌として有名な「Leaf」がプロデュースしているお店で、「昭和感溢れる大衆食堂・大衆酒場」をテーマに、2019年(令和元年)10月にオープンされました。「Leaf」の持つ飲食店情報のノウハウと「錦市場商店街」近くにある食材の確かさが融合された、興味をそそられるお店です。こちらは11時〜22時までの通し営業で、昼飲みにも対応されています。時刻は11:30、テラス席ではすでに若者が宴?を開催中でしたので、早速店内へ入ってみました。

かなり広めの店内には昭和感漂う内装と雰囲気で、元気だった時代の日本を思い起こさせます。BGMも昭和後期の演歌や歌謡曲などが流れていて、アラフィフのオッサンである管理人の心も鷲掴みにされてしまいました。一品料理も豊富に用意されていて宴会にもよく、カウンター席もあり、お一人様でも利用しやすいと思います。早速ランチメニューを確認してみましょう。

定食も豊富で、飲まない方でも大丈夫。名物は「肉吸い定食」¥1,400です。“肉吸い”はおそらく大阪の人以外には聞き慣れない言葉だと思います。簡単に説明すると、肉うどんのうどん抜き。大阪の特にミナミ界隈ではソウルフードとして親しまれています。そして京都でも、似たような食べ物はあるものの、“肉吸い”はそんなに馴染みのある言葉ではありません。京都屈指の情報誌と商店街にゆかりのお店の名物が「肉吸い定食」なのは正直、ちょっと戸惑います。少なくとも管理人にとって錦市場と言えば海産物と京野菜であり、特に鮮魚や塩干物は市内随一の品揃え。そこで今回は新鮮な魚が食べたいと考え、「海鮮丼(とろろ・温玉付き)」¥1,300を注文してみました。

「海鮮丼(とろろ・温玉付き)」が到着しました。海の幸がふんだんに盛り込まれた定食です。小鉢は魚と小芋、タケノコの煮物で、錦市場が得意とする食材でまとめられています。味噌汁にもサクラエビがあしらわれており、錦市場を楽しめる内容。煮物も味噌汁も食堂らしい濃いめの味付けで、食欲が高まります。京料理風の薄味もおいしいのですが、食堂では濃い味付けのオカズでご飯をワシワシと食べたい。そんな腹ペコさんの欲求を満たしてくれる料理ではないでしょうか。

海鮮丼はハマチ、サーモン、タイがサイコロ状にカットされた状態で熱々ご飯の上に乗せられています。薬味の青ネギ、刻み海苔、大葉も味のアクセントとなっていておいしい。鮮魚を賽のサイコロ状にカットしたことにより、一心不乱にガツガツと欲望のおもむくままに掻っ込むことができます。こちらは大衆食堂・酒場ですので、上品さは求められません。手軽にガッツリいただける海鮮丼として申し分のない味わいだと感じました。

途中でとろろと温玉を投入して、最終形態となった海鮮丼を掻っ込みます。まさに至福の瞬間。いろいろな食材の旨味が合わさった濃厚で複雑な味のオーケストラを楽しむことができます。そして思った以上に贅沢な気分も味わえました。これぞ大衆食堂・酒場の醍醐味です。阪急「京都河原町駅」からでも阪急「烏丸駅」または地下鉄「四条駅」からでも徒歩5分程度と便利な場所にあります。昭和世代と平成世代が共存できるカジュアルさもあるお店ですので、「錦市場商店街」散策ついでなどにでも試してみられてはいかがでしょうか。

[2020年5月17日訪問]

酒とめし 錦食堂
●住所…京都市中京区西大文字町606-2 アミカーレ錦1F(Google マップ
●TEL…075-708-8895
●定休日…不定休
●備考…禁煙
ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました