本格的で個性的な料理を味わえる中華料理店

2020冷やし中華
スポンサーリンク

中華料理 徳利苑

京都市民にとっては、もはや当たり前過ぎて気にならないのですが、他地域の方が見て驚かれることがあります。“感じ悪い”とか“腹黒い”などという京都市民の性格のハナシではありません。街が地味に見えるということです。さまざまなお店が軒を連ねる繁華街であっても、何となく地味。管理人は普段、大阪市で仕事をしているので、特に京都市の地味さ加減を実感しています。この地味さには理由があり、簡単に言うと店舗の看板などを京都市が規制しているから。景観保護の観点から厳しいガイドラインが設けられていて、例えば赤い看板などは原則許されません。真っ赤な看板が特徴的なマクドナルドであっても、京都市の意地の悪い規制でこの有様。そして大手チェーン店だけでなく、個人経営のお店にも容赦なく適用されます。今回は、そんな規制をモロに受けて看板を変えざるを得なくなった、銀閣寺近くの中華料理店をREPORTしてみました。

白川通今出川通の交差点(白川通今出川/銀閣寺道)の北東角を北へ50mほど行ったところにある「中華料理 徳利苑(ちゅうかりょうり とくりえん)」。濃い茶色のおとなしめな看板ですが、かつては真っ赤な看板に金ピカ文字で「洪福 中華料理」と書かれていました。アレ?名前まで変わっていて、もはや別のお店では??と思われるのもムリはありません。しかし経営者もスタッフも変わらず同じ中国人の方々です。きっと京都市も“ええ〜っ…名前は変えなくてもええんやで?”と驚かれたことでしょう。しかもこちらのお店、定休日がコロコロと変わるようで、基本的に変えるのがお好きな感じなのでしょうか。とりあえず店頭のセットメニューを確認してみましょう。

ボリューム抜群の「ラーメンセット」¥880、ちょっと1杯にぴったりな「ビールセット」¥1,180と、充実した内容の割にリーズナブルです。「ビールセット」でほろ酔い気分になり、「ラーメンセット」で〆ても全4品で¥2,060とかなりお得。食べ過ぎと言っても過言ではないボリューム感で¥2,000ちょっと、その辺の居酒屋よりも相当お安く楽しめます。しかも、メニューを見てもおわかりのように、本格的な料理も用意されていて、タダモノではありません。時刻は13:20、早速店内へ入ってみましょう。

スッキリとして清潔感のある店内です。本場中国の紹興酒がズラリと並んでいて、中国の方のお店であることがうかがえます。管理人が勝手に命名している“京都のチャイナタウン”こと叡電「元田中駅」周辺には、中国人経営者のお店が多く、こちらも徒歩で19分ほどかかるとは言え最寄駅は叡電「元田中駅」。なぜ「元田中駅」周辺のエリアには中華料理店が多いのか、もしご存知の方がいらっしゃればコメントかメールでお教えいただきたいと思います。では、改めてメニューを確認してみましょう。

夏季限定の冷やし中華は「冷やし中華」と「台湾冷麺」(ともに¥880)の2種類。プラス¥100で5種類の丼から1種類選べる「冷麺セット」¥980がお得です。「ラーメンセット」といったお手軽メニューから、本格的な一品料理まで幅広いニーズに対応されています。2階では宴会も可能で、もはや町中華とは呼べない高級店の風情すら感じるお店です。今回はもちろん「冷麺セット」で、「台湾冷麺」と「麻婆飯」を注文してみました。

まず「麻婆飯」が到着。コクのある味付けで激辛ではないものの、ピリリとした辛さも感じられます。濃厚な味わいの餡と豆腐やご飯との相性も抜群。豚ひき肉の旨味も効いていて、いくらでも食べられそうな「麻婆飯」です。

そして「台湾冷麺」。管理人はおそらく、これまで「台湾冷麺」は食べたことがない気がします。そもそも台湾に冷麺(冷やし中華)なんてないと思い込んでいたものの、調べてみると「涼麺」と呼ばれる冷たい麺があるとのこと。台湾は沖縄県よりさらに南にあり、北部は亜熱帯、南部は熱帯という暑い気候であることから、冷たい麺は当然と言えば当然なのかも知れません。トロピカルなビジュアルも南国らしい雰囲気。それではいただきましょう。

甘〜い!!

スープは酢醤油ベースなのですが、甘酢の甘さマシマシな味わいです。ナルホド、確かに台湾に立地的にも気候的にも近いタイ料理やベトナム料理などの東南アジア諸国の料理と似ている気がします。暑い国の料理は甘さや辛さがハッキリとしているのが特徴で、こちらの「台湾冷麺」のスープも、まず甘さが脳に届き、次に酢や醤油、最後にピリ辛の重層的な味わいとなっていました。具に台湾とは関係のない刻んだキムチが入っていたりと、自由かつ不思議な味を楽しめます。好みが別れそうな冷やし中華ではありますが、いつもの冷やし中華に飽きている方などは、ぜひこちらの「台湾冷麺」や各種料理を試してみてはいかがでしょうか。

[2020年7月18日訪問]

中華料理 徳利苑
●住所…京都市左京区北白川東久保田町4(Google マップ
●TEL…075-703-2345
●定休日…木曜日
●備考①…「冷やし中華」「台湾冷麺」は夏季限定
●備考②…禁煙
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「中華料理 徳利苑」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました