祇園商店街では唯一の天丼も必食の天ぷら店

和食編
スポンサーリンク

ぎおん 天ぷら 天周

管理人の勝手なイメージで申し訳ないのですが昭和の時代、会社の重役以上の方、いわゆる“お偉いさん”が食事をされる飲食店と言えば寿司店、料亭、割烹、そして天ぷら店です。どこも管理人にとってはなかなか伺うことができない、ハードルが高い飲食店であり、それなりの風格と経済力が求められていました。しかし平成、令和となり、夜はまだまだお高い印象があるものの、管理人程度のショボいオッサンでもランチタイムはギリギリ入れそうなお店も増えています。特に天ぷら店には“天丼”という魔法の丼があり、昼であれば天丼だけを堂々と注文しても何ひとつおかしくありません。ただ、隣のお客さんがゴージャスな天ぷら定食などを食べていると、少し恥ずかしい思いをしないでもないのですが。そんな心配はまったく不要な高級天ぷら店が、祇園にあります。

四条通川端通の交差点(四条大橋/四条京阪前)を東へ150mほど行ったところにある「ぎおん 天ぷら 天周(ぎおん てんぷら てんしゅう)」。祇園商店街では唯一の天ぷら専門店だそうで、老舗の高級天ぷら店として知られています。最近では外国人や日本人の観光客のお客さんも多いため、若い方でも入りやすいのではないでしょうか。まずは店頭のメニューを確認してみましょう。

そうなんです、こちらの昼のメニューは天丼のみ。つまり、お昼に伺う分には全員何かしらの天丼を食べている訳で、隣の客がゴージャスな天ぷら御膳を食べている、という状況には絶対にならないお店です。グランドメニューは4種類の天丼で、1番人気は「小海老と野菜 天周風 かき揚げ天丼」¥1,700。売り切れ必至の人気天丼であり、管理人が訪問した13時にはすでに品切れとなっていました。が、実は最初から「かき揚げ天丼」狙いではありません。季節限定の「鱧天丼」と「穴子・鱧ミックス天丼」¥1,800が今回のターゲット天丼です。京都の夏と言えば誰が何と言おうとハモ。京都人であれば最低でも2日に1度はハモを食べている、と嘘でも言っておかないと闇から闇へ消されます。ただでさえ冷やし中華ばかり食べている管理人はハモ原理主義者どもに目を付けられているため、ここは“NO HAMO NO KYOTO”の精神で“I ♡ HAMO”をアピールしておかねばなりません。ただ…いくら何でもハモ天だけの天丼もどうなん?と個人的には思いますので、今回は「穴子・鱧ミックス天丼」に決めて店内へ向かいます。

夜は「6,000円コース」のみ。高級天ぷら店としては良心的な価格ではありますが、もちろん管理人には絶対ムリ。それこそ会社のお偉いさんや政治家、そして坊主僧侶など社会的地位があり財力もある人が利用されているのでしょう。もし当ブログを読んでいただいている偉い人の中で、管理人に“「6,000円コース」ご馳走してもイイよ”という方はぜひご一報ください。「6,000円コース」のREPORTを、ご馳走していただいた方のアピールマシマシで掲載させていただきます。

老舗天ぷら店らしく、カウンター席主体のお店です。“寿司は握りたて、天ぷらは揚げたて”がおいしくいただく鉄則で、味にこだわる寿司店や天ぷら店にカウンター席が多いのも当然。とは言えグループで来店された方がズラリと横一列に並んで着席するのも変ですので、奥には半個室のテーブル席もあります。各座席には抹茶塩・山椒・一味といった薬味と追い丼ツユが完備。お好みで味変できる仕様となっていて、老舗店らしからぬ柔軟さもあります。

「穴子・鱧ミックス天丼」が到着しました。ハモ天とアナゴ天がそれぞれ2切れとシシトウの天ぷらが丼を覆っています。アナゴもハモも、ウナギも含めヒョロヒョロとした細長い魚の仲間で獰猛な肉食魚という点では共通しているものの、味はそれぞれ異なるのが特徴です。ウナギは別格として、全国的に人気のアナゴに対し、関西地方および京料理周辺でのみモテはやされているハモ。京都でハモと言えば“落とし”や“付け焼き”でよく食べられていますが、管理人的にはハモ料理で優れているのは天ぷらかフライだと感じています。京都の居酒屋などではその多くが、夏の時期だけ「ハモフライ」を提供していますので、興味がある方はぜひ一度お試しください。ではハモ天からいただきましょう。

フワッフワです。この食感こそハモ天のおいしさです。肉厚のハモ天で、上品な白身魚の典雅な風味が活きています。ハモはあっさりとした味わいが身上で、揚げることにより旨味がより際立つ魚。タイやヒラメなど他の白身魚と比べて旨味自体は一歩及ばない気がしないでもないものの、天ぷらやフライにすれば他とは異なる独特の風味を楽しむことができます。このあっさりとした味わいが全国区の味覚としては広がらず、関西地方で珍重されている理由なのかも知れません。

そしてアナゴ天。歯に当てたときの“サクッ”という食感に加え、こちらのアナゴは脂がしっかりと乗っていて、濃厚な旨味を感じることができます。そして何より、アナゴもさまざまな料理がありますがハモ同様、天ぷらという調理技法の素晴らしさを実感できました。もちろん天丼という、濃いめのタレとご飯の組み合わせも最高です。天ぷら単品にはないガッツリ・ワイルドにいただけるおいしさは天丼の醍醐味と言えるでしょう。商用や観光などで祇園に来られた際、ちょっと贅沢なランチとして老舗天ぷら店の天丼もぜひご検討ください。

[2020年8月22日訪問]

ぎおん 天ぷら 天周
●住所…京都市東山区祇園町北側244(Google マップ
●TEL…075-541-5277
●定休日…水曜日
●備考①…「鱧天丼」と「穴子・鱧ミックス天丼」は季節限定
●備考②…禁煙
ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました