新年を幸せにする京都最強欧風カレー専門店

洋食編
スポンサーリンク

太陽カレー

新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。読者の皆さまは“初日の出”をご覧になられましたでしょうか?初日の出を見るのはめでたいことであり、今年1年の運気が爆上がりするそうです。エッ?見ていない??そうでしょう、そうでしょう、管理人ももちろん見ていません。初日の出の時刻は京都府で7:05だそうですが、出勤日でもないのに起きているワケないでしょ。そんなだから50年近く、まったく良いことのない人生だったのです。皆さんもこれまで全然良いことがなかったナカーマですよね?でも今年は大丈夫。初日の出を見ていない不幸まっしぐらな皆さまのために、今回は元日に“初太陽”をREPORTしますので今年1年の幸運は約束されたも同然です。このREPORTを読まれた後、初詣でも宝くじ売場でもガンガンお出かけくださいな。

“初太陽”を求めて向かったのは、四条通西大路通の交差点(西大路四条)を東へ100mほど行ったところにある欧風カレー専門店「太陽カレー(たいようかれー)」です。11時開店でラストオーダー14時の昼のみ営業で、しかも14時にカレーが残っているのはマレ。たいていはラストオーダー前に売り切れる人気ぶりで、営業中ほほぼず〜っと行列ができています。2013年(平成25年)11月のオープン以来、京都市を代表する欧風カレー専門店として知られていて、カレーマニアだけでなく多くの京都人に愛されている名店です。管理人も数年前に2回ほど訪問しましたが、最近はすっかりご無沙汰。味は間違いないものの日曜・祝日が定休日で、管理人にとっては土曜日という激混み曜日しか伺う機会がなく、足が遠のいていました。しかし、皆さんの運気を何としても高めたい!と考え、12月28日から冬期休暇になったこともあり、気合を入れて開店前の10:40に到着。やはりというか、既にお一人様2名とカップル1組が開店前から並ばれています。実は開店11時ながら、店頭の行列は他の人の迷惑になるとお店がお考えで、行列の人数が多ければ早めに開店されることを知っていました。訪問した12月28日も10:50に開店され店員さんに案内していただけましたので、ほとんど待つことなくスムーズに入店。それでは2階へと階段で移動し、店内へ入ってみます。

カウンター5席を含む総席数24席という比較的広い店内です。かなりゆとりをもった客席の配置となっていて、コロナ対策も万全。2名テーブル席が主力なこともあり、お一人様のお客さんの方が多いのでは?という様相となっています。ただ、常に行列ができていますので、コロナ対策の面からも、食べながらの談笑は控えましょう。カレースタンド的なお店でお客さんがサッと食べてパッと退店すれば、行列で並んでいてもさほど長く待たなくても済みますからね。もちろん急いで食べる必要はないのでしょうが。ではメニューを確認してみましょう。

ほぼ日替わりのメニューとグランドメニューの構成です。何を食べても間違いはありませんので、訪問された方はその日の気分で1番食べたいメニューをオーダーしてください。管理人は今回、「男のカレー(牛すじ・ロースカツ・ガーリックチップ)」¥1,050にトッピングとして「温泉玉子」と「チーズ」各¥100をチョイス。ご飯のサイズはレギュラー200g、辛さはオススメの旨辛口としています。辛いのが得意ではない管理人でも旨辛口ならギリ問題ないレベルですが、不安な方は辛さひかえめで一度試してみましょう。

「男のカレー(牛すじ・ロースカツ・ガーリックチップ)」&「温泉玉子」と「チーズ」が到着。芳醇な欧風カレーの香りが鼻孔をくすぐります。こちらのカレーはワインとのマリアージュを考え抜かれた作られた欧風カレーで、スパイスもこだわり尽くされていて、自宅でどうこうできるレベルではありません。欧風カレーながらスパイスカレーのエッセンスも感じられる、専門店にしか作れないクオリティではないでしょうか。まずはカレーとライスだけでいただいてみましょう。

濃厚ながらほどよくフルーティーな甘みがあり、各種スパイスの香りは鼻に抜け、最後にピリリとした辛味が舌を刺激する、カレーの極致と言えるほどのおいしさです。ベースの欧風カレーだけでも凄いのに、絶妙な甘みと辛味のバランスが見事な逸品。カレーは国民食であり、世にさまざまなカレーライスが提供されているとは思いますが、これほどのカレーは滅多にお目にかかれないでしょう。欧風カレーの方向性が多少異なるものの、ハイレベルな洋食店でもこちらのカレーに匹敵するものを探すのはかなり困難だと感じました。すべてにおいてイヤなところが皆無な絶品カレーです。

ロースカツとの組み合わせで、カレーの実力がさらに数ランクアップするおいしさとなります。サクサクのコロモをまとった豚ロース肉の旨味と脂身の甘さを存分に味わえる贅沢極まりないカツカレーです。トッピングのチーズも有能で、ただでさえ重層的な味わいにより深みとコクがプラスされます。やはりこの旨辛口という辛さ度数がポイントなのでしょうか。辛さのおかげで濃厚でコクがあるカレーでもスムーズにいただくことができます。

そして温玉と牛すじですよ。もうこの味だけで幸せを感じられます。これはもうカレーライスとは呼べない、何か別のジャンルのご馳走です。¥1,000前後でこの味を体感できることを考えれば、多少並ぶのも仕方ありません。このREPORTをご覧になって今年1年、幸運になれるかどうかは知りませんが、少なくともこちらへ来られてお好きなカレーをひとくち食べれば数時間は幸せな気分に浸れるハズです。新年1月の営業日はこのようになっていますので、訪問できる日の10:40ぐらいにこちらへお越しいただければ、まさに“口福”を堪能できることだけは確実に保証いたします。

[2020年12月28日訪問]

太陽カレー
●住所…京都市中京区壬生西土居ノ内町19 ボイスビル2F(Google マップ
●TEL…075-311-0011
●定休日…日曜日・祝日・不定休(詳細はfacebookでご確認ください
●備考…禁煙
ホームページfacebook/twitter
※さらに詳しくはぐるなび「太陽カレー」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました