京都で話題のつけ麺店で食べる

15:あんびしゃす花

世界文化遺産の1つに数えられる下鴨神社。毎年5月15日の神事「賀茂祭(葵祭)」が有名です。そして今年は7月20日〜29日に「みたらし祭(足つけ神事)」が行われます。境内の川に足をつけて無病息災を願うお祭りで、冷たい川の水に足を入れて涼を感じる暑い京都ならではの楽しみです。下鴨に住んでいる管理人も幼い頃は毎年、葵祭以上に楽しみにしていたのを覚えています。そんな下鴨神社の近く、下鴨本通北大路通の交差点を西へ少し行ったところにあるつけ麺専門店の「あんびしゃす花」。常にお客さんで賑わっていて、並ぶこともしばしばという状態です。

冷たい麺は、「冷し担担 温玉入り」¥850、「冷やしトマトつけ麺」¥900、「冷やしつけ麺 大和芋のとろろ温玉」¥830、「冷やしつけ麺 納豆温玉のなっとろ」¥830の4種類。すべて大盛り無料という点も見逃せません。今回は「冷やしつけ麺 納豆温玉のなっとろ」を食べてみました。

冷たいスープは濃厚な鶏ガラ醤油味で、少し甘めの味わいがクセになるおいしさです。刻みのりがかかった太麺は思った以上にコシがあり、讃岐うどんを彷彿とさせます。具は納豆と温玉、ネギ、天かす(揚げ玉)のみ。暑い夏でもシコシコ麺が心地よく、喉にスルスルと入っていきます。

猛暑日記録を絶賛更新中の京都。正直、今夏の京都観光はおすすめできません。しかし商用など、どうしても京都に用事がある方もいらっしゃるかと思います。その際はぜひ下鴨神社足つけと冷やしつけ麺で、少しでも涼やかな気分になってください。

[2018年7月20日訪問]

京都下鴨つけ麺屋 あんびしゃす花
●住所…京都市左京区下鴨西本町44
●TEL…075-712-8977
●定休日…水曜日・他不定休
●備考①…冷たい麺4種は夏季限定
●備考②…店内禁煙
●ホームページ…https://www.facebook.com/ambitioushana

コメント

タイトルとURLをコピーしました