学生や中高年にも人気のトンカツ店

洋食編
スポンサーリンク

とんかつ マルミ

本日12月1日は用事で西大路丸太町(西ノ京円町)にあるJR「円町駅」までやって来ました。近くには「京都市 中央図書館」がある他、「花園大学」や「洛陽総合高校」などの教育機関があり、学生が多い街としても知られています。学生街ということもあり飲食店も多く、用事を終えた13:10にどこへ行ってランチを食べようかと思案しながら歩くのですが、目ぼしいお店はどこも満席。その中で何とか入店できたのが「とんかつ マルミ」です。

JR「円町駅」から徒歩約10分のところにあるお店。北側には「京都民医連中央病院 西館」があり、東隣にはいずれ当ブログでもREPORTする予定の「しげちゃん食堂」があります。こちらのお店はけっこう昔からあるトンカツ屋さんで、トンカツやブタ天、イカ天などが名物。リーズナブルな価格で地元の方や学生に人気のお店です。では早速、入店してみましょう。

※お詫び※
実は今回、いつものように撮影したのですが、なぜかほとんどがデータとして保存されておらず全滅状態でした。かろうじて店舗外観と注文した料理は保存されていましたが、店内やメニューなどの写真はありませんのでご了承ください。申し訳ありません。

店内はほぼ満席状態ながら、カウンター席が1席空いていて着席することができました。危うくランチ難民になるところ。やはりこの時期の京都の土・日・祝日は要注意です。お客さんは地元のマダムグループとおそらく花園大学の学生グループで、こちらも地元密着型のお店だと思います。さて、数あるメニューの中から選んだのは「Cランチ(エビフライ・イカ天・焼肉・ライス・みそ汁付)」¥980。注文時、焼肉の牛肉がなくなったとのことでしたので、豚肉に替えていただきました。

バーベキューソース風の焼肉(豚肉)は、トンテキのような味わいです。少し甘めのタレで豚肉、タマネギ、ピーマンが炒められ、香ばしい香りに食欲も高まります。エビフライは甘めのデミグラスソースがかけられていて、意外と合うのに少し驚かされました。エビフライはタルタルソース派の管理人ですが、こちらのデミグラスソースは魚介類もおいしくいただけます。そしてイカ天。天ぷらというより洋食のフリッター風で、天ぷらやフライよりもイカの旨味を引き出しているのではないでしょうか。こちらも特製デミグラスソースが一番合うと思わせる味わいでした。

“街の洋食屋さん”というイメージがしっくりとするトンカツ店です。どのセットメニューも¥1,000を超えるものはほとんどなく、手軽においしい洋食をいただけます。円町エリアに来られた方は、周辺を散策がてら「とんかつ マルミ」をめざしていただき、トンカツやブタ天、イカ天などを存分に堪能されてみてはいかがでしょうか。

[2018年12月1日訪問]

とんかつ マルミ
●住所…京都市中京区西ノ京塚本町6-7
●TEL…075-811-2110
●定休日…日曜日
●備考…店内喫煙可
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「とんかつマルミ」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました