2種類の絶品チャーシューが堪能できるラーメン店

中華編
スポンサーリンク

麺屋あかり 【閉業】

※お知らせ※
「麺屋あかり」は2020年4月19日で閉業されました。丁寧に作られたチャーシューが印象に残っていた鶏白湯ラーメンで、新型コロナの影響かどうかはわかりませんが、閉業は残念です。おいしいラーメンをありがとうございました。

3月22日の21時。すっかり暖かくなったとか書いばかりなのに、ものすごく寒いんですけど。“カレーうどんで温まろうかな…”と原付を走らせていたのですが、あまりの寒さに数分で断念。烏丸今出川近辺だったこともあり急遽予定を変更し、ラーメンで温まろうと「麺屋あかり」へ向かいました。

同志社大学 今出川キャンパスの西側にある、ちょっとわかりにくい場所にあるラーメン店です。2017年11月にオープンされたまだ新しいお店で、1年ほど前に一度伺ったことがあったので知っていました。寒い夜にはぴったりのラーメンをいただくことができます。伺った当時は同志社大学の学生さんで賑わっていて、そう言えばお店は地下にあったなぁ〜と思い出しながら階段を降りてみました。

カウンター席だけの比較的広い店内。金曜日は深夜2時まで営業されていて、夜遅めの夕食や夜食にも便利なお店です。同志社大学が春休みのためか、お客さんの姿はありません。人混みが苦手な管理人は安心してメニューを確認します。

天下一品」のこってりラーメンや「天天有 一乗寺本店」などの影響でしょうか、京都のラーメンの言えばポタージュのような鶏白湯スープがすっかり主流となったように感じます。当ブログを始める前はラーメン店へ行くのは年に1、2回だった管理人にとって週1ペースでラーメン店へ行っている現在の自分に驚きつつも、鶏白湯スープに当たる確率が異常に高く、京都のラーメン事情に少しだけ詳しくなったような気がしました。「濃厚つけ麺(塩or醤油)」¥900もとても人気だそうですが、寒い日はやっぱりラーメン。「濃厚鶏白湯ラーメン(塩)」¥780にトッピングとして「チャーシュー増(豚・鶏チャーシュー3枚づつ、計6枚増)」¥300と「贅沢たまごかけごはん」¥300(単品¥350)を注文してみました。

肉祭りです!!

「濃厚鶏白湯ラーメン(塩)」には豚・鶏チャーシュー合わせて8枚、「贅沢たまごかけごはん」には細かく刻まれた豚チャーシューがご飯を隠すほど入れられています。これはもう男子高校生の部活メシです。アラフィフがディナーに食べるメニューではありません。唯一の救いはデカ盛りではないことですが、それにしてもこのボリュームはどうよ。ものすごい罪悪感を感じながら、「濃厚鶏白湯ラーメン(塩)」から食べてみましょう。

まずは麺。平打の縮れ麺が濃厚な鶏白湯スープによく絡みます。麺自体の旨味にスープの味わいが合わさって、特に寒い日には堪えられないおいしさです。塩味が控えめなのも高ポイント。濃厚な鶏白湯ラーメンとしてはクセがなく、ツルツルと心地よく食べ進めることができます。次に豚チャーシューを味見してみましょう。

おそらく豚ロースだと思うのですが、コショウなどのスパイスが効いたローストポークのような仕上がりです。見た目よりも上品で繊細な味わい。西洋料理のような豚チャーシューは柔らかで、単体としてもかなり高いクオリティではないでしょうか。この豚チャーシューだけでもビールのツマミとしては最強であると断言できます。では鶏チャーシューの味はいかがでしょうか。

トロっとした柔らかさが見事で、鶏ムネ肉がここまでおいしくなるという新たな発見ができる鶏チャーシューです。日本人があまり好まない鶏ムネ肉が日本人好みの味わいとなっています。あっさりとしながらも鶏の旨味はしっかりと感じられ、濃厚な鶏白湯スープとの相性も抜群。フランスでは“モモ肉はムッシュに、ムネ肉はマダムに”と言うそうですが、オッサンにもオススメのヘルシーでおいしい鶏チャーシューだと思いました。

罪悪感の元凶「贅沢たまごかけごはん」です。ローストポークのような豚チャーシューがたっぷりでマズイ訳ありません。ゴマ油風味の味付けで豚チャーシュー、刻み海苔、刻みネギが濃厚な生卵で包まれていて、ご飯とよく合います。もう“たまごかけごはん”と呼んではいけないレベルでしょう。これだけでも十分満足できる“豚チャーシュー丼 生卵とともに”と名付けたくなる「贅沢たまごかけごはん」です。

さまざまな偶然が重なって、29(ニク)の日でもないのに肉祭りを開催してしまいました。間近に迫った健康診断が怖くて仕方ありません。明日からしばらくは蕎麦だけ生活をして帳尻を合わせようと思います。ラーメンだけならそこまで危険ではありませんので、近くまでお越しの際は京都ラーメンの1店として試してみてはいかがでしょうか。2種類の絶品チャーシューを味わうだけでも価値のあるお店ですよ。

[2019年3月22日訪問]

麺屋あかり
●住所…京都市上京区上立売町1-7 瑞祥ビルB1F
●TEL…075-441-6515
●定休日…不定休
●備考…店内禁煙
●ホームページ…twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました