一乗寺ラーメン街道の本格志向で手軽な焼肉店

その他料理編
スポンサーリンク

焼肉屋いちなん

“ひとり焼肉”という言葉もあるように、お一人様で焼肉店へ行き、焼肉を楽しまれている方も少なくないそうです。小心者の管理人は、夜にひとりで焼肉店へ行ったことはほとんどありません。ただ、ランチであれば仕事の合間などに行ったことがあり、小心者でもハードルがグッと下がります。何よりランチメニューにお一人様用の焼肉メニューがあり、お店サイドにとってもウエルカムなのでしょう。管理人がひとりで焼肉店に行かないのは、周囲の目が気になるから、だけではありません。グルメブログを運営しているとは思えない理由なのですが、自分で肉を焼くのが面倒だからです。ひとりで焼いて、焼き加減を確認して、さぁ食べよう、と思ったらまた焼いて…というせわしなさ。とは言えたまには焼肉を食べたい。そんな訳で今回は、一乗寺ラーメン街道にある焼肉店「焼肉屋いちなん」へ伺ってみました。

ランチは14時までで、時刻は13:50。まさにギリギリ。できるだけお客さんが少ない時間帯を狙ってみました。こちらは東大路通北大路通の交差点(高野)を北へ650mほど行ったところにある、一乗寺ラーメン街道では珍しい焼肉店です。かなり昔に夜、グループで行ったことはあるのですが、ひとりでしかも昼は今回が初めて。焼肉丼など自分で焼かずに済むメニューがあれば心移りするかも…と不安を感じながら、早速入店してみました。

さすがに昼の閉店間際だったこともあり、お客さんは少なめです。1階は4〜6名が座れるテーブル席が4組あり、2階では大人数での宴会にも利用できます。手作りのソーセージなども作られているほどのこだわりっぷりで、焼肉好きならオススメのお店ではないでしょうか。まずはメニューを確認してみましょう。

訪問した当日の「日替り丼」¥850は牛スジ丼だそうです。「焼肉屋のカレー」¥850などにも興味があるものの、ここはやはり焼肉を食べるべき。焼くのが面倒、などというのは、そもそもダメ人間の言い訳でしかありません。アラフィフですでに手遅れかも知れませんが、そろそろ真人間になりたいと本気で思い直し、自分で肉を焼こうと決意して「焼肉ランチ」¥1,700を注文してみました。

先んじて副菜2種類とサンチュおよびそのタレが到着。ちなみにサンチュもしくはキムチのお好きな方を選べます。副菜は水菜とエノキ茸のお浸しとポテトサラダです。野菜たっぷりがうれしい。まるで“肉ばっかり食べたらいけんよ”という母の愛を感じさせます。マスターは怖そうなオッサンでしたが。サンチュのタレは細かく刻んだニラとゴマ、醤油、ラー油などでしょうか。サンチュではスタンダードな韓国の辛味噌「コチュジャン」ではなく、ちょっと意外なタレも新たな発見です。

続いてご飯とスープが運ばれてきました。スープは韓国料理風のワカメスープで、心あたたまるやさしい味わい。“焼肉にはビールでしょ”とノンアルコールビールも注文したのですが、平日のランチであればご飯とスープで十分だと感じました。焼肉ランチで汁物はありがたい心配りです。

そしていよいよ肉が到着。思った以上のボリューム感に思わず笑みがこぼれます。牛カルビに牛ロース、牛ホルモン、豚ロース、鶏モモ肉と豪華ラインナップです。焼き野菜はピーマンとナスという王道コンビ。¥1,700とランチとしてはちょっと贅沢な価格ですが、内容を見ればかなりお得ではないでしょうか。では早速、焼きましょう。

ロースターで焼く肉は、なぜこんなにもおいしいのでしょうか。どんなにいい肉を入手できても、自宅のフライパンやホットプレートで焼くとあまりおいしく感じません。七輪&炭火ならさらにおいしいのでしょうが、管理人の場合は七輪の煙で豚の燻製ができてしまうという別の問題が発生します。そもそも室内で七輪を使うと部屋中にニオイが充満してなかなか取れませんし、駐輪スペースなどの屋外で焼いていると消防車が飛んでくるかもしれずご近所迷惑です。焼肉はやはり焼肉店で食べるのが一番。ちなみに店名の「いちなん」は、こちらがもともとは「南山 一乗寺店」であったことに由来しています。京都有数の焼肉店グループである「南山」から独立された際、地元の方などから一乗寺の南山、略して「いちなん」と呼ばれていたことにより、そのまま店名となりました。マスターの名字は「南山 本店」の創業者と同じでしたので、ひょっとするとご親族の方かも知れません。確かな味なのも納得のおいしさです。

焼肉の真骨頂と言えばホルモンでしょう。ミノやテッチャンなど、ただひたすらホルモンの甘みが口の中で広がり、溶ける味わいです。歯が悪い方や入れ歯・インプラントの方には勧められませんが、焼肉店では絶対にホルモンを食べてください。モツ鍋とは異なるホルモンの奥深いおいしさをを存分に堪能できます。一乗寺ラーメン街道でラーメンばかり食べている方も、たまには贅沢に焼肉ランチを試してみられてはいかがでしょうか。「南山 本店」よりもリーズナブルな価格で本格的な焼肉をしっかりと食べられ、きっと満足していただけると思います。

[2020年5月24日訪問]

焼肉屋いちなん
●住所…京都市左京区一乗寺北大丸町51(Google マップ
●TEL…075-721-6937
●定休日…水曜日
●備考…禁煙(?)
ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました