京都駅八条口にある手軽に利用できる寿司店

和食編
スポンサーリンク

すし昌

新型コロナの影響で外国人観光客はめっきり姿を消しました。観光都市である京都でも外国人の姿はほとんど目にしない一方、この年末年始は意外と日本人観光客を目撃します。例年に比べれば圧倒的に少ないものの、緊急事態宣言時レベルで閑散とするのかと思っていました。新型コロナについては未だ謎が多く予断を許さない状況ではあるものの、“With コロナ”の生活様式が広がっているのでしょう。もちろんステイホームを継続されている方もたくさんいらっしゃるでしょうし、個々の判断で行動されれば良いと思います。さて、年末に用事で京都駅へ行ったついでに寿司でも食べようと八条口の「近鉄名店街 みやこみち(以下、みやこみち)」に向かいました。

みやこみち」は20店舗ほどの飲食店が立ち並ぶレストラン街で、その中にある寿司店「すし昌」。新幹線のホームが近いこともあり、管理人のように京都から新幹線で全国へ向かう途中に利用したり、他都道府県の方が新幹線で京都へ来られた際に飲食をされる場合にも頻繁に使われます。当ブログでも「みやこみち」にある「四川餐館・洛楽」や「グリルアンドバー東洋亭 近鉄店」、「京の中華 ハマムラ」をREPORTしていて、ここに来ればまず間違いなく食べたいものが探せる便利なレストラン街です。また、「みやこみち」内の飲食店はだいたい通し営業をされていて、遅めのランチなどにも対応。今回は新鮮な魚が食べられると評判の「すし昌」を訪問してみました。時刻はランチメニューラストオーダー14時ギリギリの13:50、早速店内へ入ってみましょう。

カウンター席や2名テーブル席もあり、新幹線ホーム近くにあるだけあって出張族にも対応していて、お一人様でも気兼ねなく利用できます。寿司店らしい清潔感のある店内は女性客も多く、京都駅で気軽に寿司をいただける雰囲気です。新年2021年(令和3年)1月11日までは時短営業中ながら11時から21時までの通し営業で、いつでもフラッと立ち寄れるのも高ポイントではないでしょうか。ではメニューを確認してみましょう。

11時〜14時はお得な「お昼のサービス定食」も用意されています。寿司居酒屋的な利用もOKで飲む人にとっても便利ですね。「お昼のサービス定食」はおおむね¥1,000チョイで注文できるリーズナブルな価格設定。今回は和食・海鮮の新年初REPORTということで、ちょっと奮発して「上、海鮮丼」¥1,800を注文してみました。

「上、海鮮丼」が到着。“市場直送の新鮮なネタをふんだんに盛り込みました”と書かれているだけあって、どのネタも新鮮そうな色合いです。マグロ、タイ、煮穴子、サーモン、タコ、ハマチ、甘エビ、イクラが乗った豪華な布陣で、¥1,800とは思えないコスパ的にも優れた海鮮丼でしょう。

どのネタも新鮮で海鮮のおいしさを存分に堪能できます。煮穴子もあっさりとした味付けながら穴子の旨味と甘みが堪えられません。煮たタコといい、寿司店らしい仕事も光ります。旬のハマチなども青魚独特の臭みなどはまったく感じられません。リーズナブルな価格ながら大満足な海鮮丼をいただくことができました。基本的に年中無休ですので、いつでも利用することができる便利なお店です。京都駅近辺まで来られた方は、新鮮な海鮮を求めて手軽なこちらまで足を伸ばしてみられてはいかがでしょうか。

[2020年12月29日訪問]

すし昌
●住所…京都市下京区東塩小路釜殿町31-1 近鉄名店街みやこみち(Google マップ
●TEL…075-661-6899
●定休日…なし
●備考…禁煙
●ホームページ…なし
※詳細は食べログ「すし昌」で検索してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました