47年の歴史が感じられる京都ラーメンの源流店

中華編

天下一品 総本店

現在、京都ラーメンの主流とも言える、ポタージュのような鶏白湯スープ。管理人はラーメンに詳しくないのですが、京都で鶏白湯スープが根付いたのは「天下一品」(以下、天一)の“こってりラーメン”からではないでしょうか。40年近く前に初めて食べたときの衝撃は忘れられません。これまで食べていた醤油でも味噌でも塩でもない、訳のわからないドロっドロのスープに、当時の若者たちは熱狂していました。京都生まれのラーメン店として日本一の規模を誇る241店舗(2019年4月2日現在)を展開し、今やどこに行っても天一のこってりラーメンを食べることができます。

当ブログは“京都のB級グルメ”をテーマとしていて、どこでも食べられる全国チェーンのお店はREPORTの対象外。ただし「餃子の王将 宝ヶ池店」にように、独自のメニューが味わえるお店は例外としています。そして“本店原理主義者”でもありません。京都発祥の飲食店チェーンであっても、本店で他の支店と変わらないメニューを提供されている場合はREPORTしません。そんなマイルールを誰にも言わずにコッソリと設定していたのですが、京都府外の人から天一本店について頻繁に尋ねられることや、本店だけのオリジナルメニューを提供されていることもあって、今回は「天下一品 総本店(てんかいっぴん そうほうてん)」へ伺いました。

白川北大路にあり、管理人の自宅から近いことあって、通算20,000回は店の前を通っています。南隣には「ビリオン珈琲 北白川店」「餃子の王将 北白川店」「平成生まれ麺育ち」が建ち並び、東向かいには「ガラム・マサラ」があるなど、ちょっとしたグルメスポットです。京都造形芸術大学から近く、学生が多いのもこのエリアの特徴。中でも「天下一品 総本店」は一番人気で、夜遅くでもたまに行列ができる繁盛店となっています。深夜3時まで営業されているため、〆ラーメンを楽しむビジネスマンや夜食として利用する若者で常に賑わっているお店です。では店内へ入ってみましょう。

時刻は23時にも関わらず、今宵もお客さんでいっぱいでした。“天一なんてどこにでもあるのに…”と思うものの、“本店のスープは支店とは違ってより濃厚”なる都市伝説も存在します。実際、天一のとある支店でこってりラーメンを食べた際、“スープ薄くね?”と感じたこともありましたが、多分気のせい。そんなブランド力が抜群な総本店のメニューを確認してみましょう。

オリジナルメニューは「牛すじラーメン」系と「豚重」のようです。せっかくのなの「温玉豚重定食」のラーメンを「牛すじラーメン」にして注文したのですが、「豚重」は残念ながら売り切れとのこと。今回は「豚重」をあきらめ、「チャーハン定食(牛すじラーメン・こってり)」¥1,200を注文してみました。

まず「半チャーハン」が到着。京都中華らしさなど微塵も感じられない、濃厚でクセになる大衆中華の味わいです。街の中華店と比べても遜色のない仕上がりは、さすが総本店と言ったところでしょうか。誰もが納得するクオリティのチャーハンで、確かな調理技術が感じられます。焦げた醤油とネギの香ばしさ、バランスの取れた具材と米の複雑な味わいは、隠れた逸品と言えるのではないでしょうか。

そして「牛すじラーメン」の登場です。甘辛く煮込まれた牛すじがたっぷりと入った、総本店オリジナルメニュー。まずはスープからいただきます。最近さんざん鶏白湯スープを食べてきましたが、何となく元祖の味と思えるから不思議です。わずかに感じるピリ辛も昔どおり。ストレートの細麺との相性もよく、固定ファンが多いのもうなずける安定のおいしさです。ちなみに“あっさり”にも変更できますので、“こってり”が苦手な方は“あっさり”をどうぞ。もっとも、“こってり”が苦手な方は天一に行かないかも知れませんが。では、いよいよ牛すじを食べてみましょう。

甘辛に煮込まれたスジコン(牛すじとコンニャク)の濃い味わいが、こってりスープとよく合います。ひょっとすると、チャーシューよりも合うのでは?と思うほどのコンビネーションです。居酒屋の牛すじ煮込みより少し醤油味強めの仕様が、こってりラーメンの具としてはベストなのでしょう。支店でも販売すれば人気商品になりそうですが、総本店でないとできない調理なのかも知れません。

今回は「豚重」をいただくことはできませんでしたが、「牛すじラーメン」には十分満足することができました。京都で天一へ行くなら総本店、というのもわかるような気がします。また、「鶏の唐揚げ」¥402も総本店の人気メニューでファンは必ずオーダーするようです。京都観光などのついでにでも、天一の聖地巡礼をされてみてはいかがでしょうか。「一乗寺ラーメン街道」からも近いため、ラーメン好きで総本店行ったことがない方はぜひ足を伸ばしてみてください。

[2019年4月3日訪問]

天下一品 総本店
●住所…京都市左京区一乗寺築田町94 メゾン白川1F
●TEL…075-722-0955
●定休日…木曜日
●備考…店内禁煙
●ホームページ…https://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?id=71

コメント

タイトルとURLをコピーしました